機能紹介
活用シーン
諸元表
導入実績
サポート情報
よくあるご質問
お問合せ
個人情報保護方針

諸元表

ソフトウェアで実現されているTinyVPNの諸元を以下に示します。


機能 フリーエディション プロフェッショナル
エディション
プロトコル
プロトコル TCPベースの独自プロトコル
NAT越え
IPv6
ヘルスチェック機能
暗号化アルゴリズム AES128bit
通信トポロジ クライアントサーバ
仮想ネットワークアダプタ(VPNクライアント)機能
対応OS Windows 2000
Windows XP 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows Server 2003 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows Vista 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows Server 2008 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows7 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows8 32bit/64bit
Windows Server 2012 32bit/64bit
Windows10 32bit / 64bit (ARM, IA64を除く)
Windows Server 2016
自動起動 自動再接続
簡単GUI画面
コマンドラインプログラム
都度入力パスワード
仮想ハブ(VPNサーバ)機能
対応OS Windows 2000
Windows XP 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows Server 2003 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows Vista 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows Server 2008 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows7 32bit/64bit (IA64版を除く)
Windows8 32bit/64bit
Windows Server 2012 32bit/64bit
Windows10 32bit / 64bit (ARM, IA64を除く)
Windows Server 2016
自動起動 自動再接続
簡単GUI画面
DHCPサーバ機能
UPnPによるルータのポート開放機能
1台のパソコンに登録できる仮想ハブの数 1個 32個
1台の仮想ハブに登録できるアカウントの数   1個 ※1 1000個
1台の仮想ハブの最大接続数 8本 512本
アカウント種別による通信制限
シングル接続機能
ブリッジ接続許可拒否設定機能   − ※2

※1 全員が1つのアカウントにてログインする形となります。8箇所までの接続であれば、フリーエディションでも十分です。

※2 TinyVPN2.9.8より、ブリッジ接続にはプロフェッショナルエディションが必要になります。